EQ

EQの応用編!ブーストEQのススメとアナログEQプラグイン


さてカットEQに続いてはお待ちかね(?)ブーストEQについてです。

各種EQでのサウンドサンプルを添えて、ブーストEQの手順的なものをお伝えできればと思っています。

この記事は、カット方向のEQを終えた状態前提で書いてます。
まだカット方向のEQをしていない場合は、そちらを先に済ませてからお試しください。

また、カットEQのみで仕上げた2MIXをバウンスして聴き込んでおくことで、曲の中で、どのトラックのどのあたりの帯域が不足しているか、を作業前にイメージできるかと思います。




失敗しないEQの順番

2MIXで聴いて違和感のあるものから手をつけていく。

低域は高域をマスキングするので、低域から手をつける。

ブースト方向のEQよりも先にカット方向のEQをする。

低域の曇りが気になる場合は、まずHPFから手をつける。

“EQの基本中の基本!カットEQのススメより”

 

1.足りないと思う帯域付近を3~6dB程度ブーストする。

カットEQ同様過度のブーストは厳禁です。

大切なのは、『足りないと思う』部分です、足りないと思わないところをブーストして探り始めると間違いなくわけがわからなくなります。

また、LOW/HIGHにシェルビングEQを使用する場合は選択可能なFREQUENCYのそれぞれ一番低いポイント、一番高いポイントから徐々に上げて/下げて行くことをお勧めします。

 

2.その状態でFREQUENCYを上下させてポイントを探る

今度は『変な音』ではなく、イメージしたサウンドにスッと近づくポイントがあると思います。

ブーストEQによく使用されるアナログモデリングEQはQが固定、またはGAIN連動である場合や、FREQUENCYに隙間がある場合が多いです。

そんなときは単音、2MIXでしっかり聴き比べながら最適なポイントを探してみましょう。

また、どうしても美味しいポイントが見つからなかったら、別のEQプラグインを使用してみるのも良いでしょう。

 

3.EQポイントが見つかったらGAIN、Qを調整する。

一般的に、ピーキングEQでブーストする場合はそんなに広いQは設定しないことが多いです。広いQ幅でブーストをすると、結果として音量が上がっただけになってしまうことも考えられます。

この手順に限らず、ブーストEQをする際には、EQの前より後の方がトラックのボリュームが上がっています。トラックのPEAKを付けないように注意してください。PEAKがついてしまう場合は、ブーストEQよりも前段、ダイナミクスなどでレベルを下げてマージンを稼ぐ必要があります。

単音で聴くと抜けのいいサウンドなのに、2MIXで聴くと埋もれてしまう、そんなときは別のトラックのカットEQが不十分である場合が多いです。そういったときは、邪魔になっていそうなトラックを一つづつミュートして行くと、原因を素早く特定できると思います。




アナログEQプラグイン比較

よく使うアナログEQプラグインを使用して、ほぼ同一のEQをしたときにどのくらいサウンドの傾向が違うのかを比較してみます。

スネアドラム、バスドラムの2つの楽器の単音をそれぞれ以下の条件にしてチェックしていきます。

○スネアドラムは10kHz付近をシェルビングで6dBブースト

○バスドラムは50Hz付近をシェルビングで2dBブースト、8kHz付近をピーキングで4dBブースト(Qが設定可能なモデルはQ=2に設定)

ノンエフェクトの単音はそれぞれこちらです。

スネアドラム – エフェクト無し

バスドラム – エフェクト無し

 

Waves – Renaissance EQ

REQ

まずはカットEQとしてよく使用しているルレッサンスEQです。

スネアドラム – Renaissance EQ

バスドラム – Renaissance EQ

思ったよりもしっかり鳴ってくれてます。
EQの数が揃わないうちは、これ1台で全然いけちゃいますね。

 

Sonnox – Oxford EQ

oxeq

さて、『優等生』の出番です。

スネアドラム – Oxford EQ

バスドラム – Oxford EQ

キレイですね、品のない部分をブーストしてるはずなんですけど、上品に鳴ってくれてます。

 

Waves – H-EQ

HEQ

H-EQをカットで使うときはDigitalを選択することが多いのですが、今回はブースト用にUS Modernをチョイスしてます。

スネアドラム – H-EQ

バスドラム – H-EQ

あまりやらない取り合わせなのですがこれもよいですね。

 

UNIVERSAL AUDIO –  Neve® 1081 Classic Console EQ

1081
Neve 1081は弦楽器とかによく使用するEQで、ブーストしていくと音像が前に来る印象があります。GAINの目盛りがなく現在値を知る術がないので、目算です。

スネアドラム – Neve 1081

バスドラム – Neve 1081

アナログの太さ、高域の倍音感っていうんですかね、良い意味で、パラメーターどおりの正確なEQではないんだと思います。ただ、非常に音楽的なサウンドになっているのではないでしょうか?

 

Waves – API550B

API550

さて、最後はAPIです。このとっても大雑把な目盛りがいいんです。私は基本的にWavesのアナログモデリングプラグインのANALOGスイッチはOFFにして使用しています。

スネアドラム – API550B

バスドラム – API550B

これもまたよいですね。アナログ感、感じていただけたんじゃないでしょうか?




☆まとめ☆

  • ブーストEQ前にしっかりカットEQを
  • イメージをしてからブーストすること
  • アナログEQプラグインでブーストすると独特の倍音感がある

 

最後に

今回は実質アナログEQプラグインの比較ページのようになってしまいましたが、ブーストEQいかがだったでしょうか?

デジタル機器は基本的に意図しない歪みは起こりませんが、フルビット(扱えるデータの大きさの限界)を超えた瞬間に音楽的ではない歪み方をします(PEAKがついたときなど)。

一方、アナログ機器はPEAKに近づくに従って、だんだんと歪んでいきます。

プラグインはデジタルなのでフルビットで使い物にならない歪み方をするのですが、アナログ特有のだんだん歪んで行く部分をプラグインレベルでしっかりシミュレート出来ているのが素晴らしいと思います。

アナログをシミュレートしているプラグイン製品には、レベルオーバー寸前までレベルを突っ込んでやると真価を発揮するものもあります。

お手持ちのプラグインでいろいろ試してみると、新たな発見があるかもしれません(実際私は今回大収穫ですw)。
Facebookページやってます。
いいね!とかしていただけると歓喜します。

ZAL

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. EQ

    現役エンジニアが教える!おすすめEQプラグイン5種

    今回は、使用頻度が高くおすすめできるEQプラグイン5つを、簡単な特徴や…

  2. EQ

    EQの基本中の基本!カットEQのススメ

    0.EQをする前の準備DAWでのMIX時には、いきなり各チャンネル…

  3. COMP

    実践編!サブミックスを作ってステムミックスにTRY

    以前の記事でステムミックスについて触れましたが、今回はDAW上で完結で…

  4. waves

    COMP

    プラグインといえばWaves!Wavesバンドルの選び方と買い時

    銀(SILVER)→金(GOLD)→白金(PLATINUM)→ダイヤモ…

  5. Vo_Chain

    COMP

    自分の定番を探せ!プラグインの組み合わせでオリジナルのチェーンを作ろう

    「ボーカルに使うコンプはコレ、EQはコレ」とか、「ベーストラックには必…

  6. neutron

    COMP

    自動MIXプラグイン?iZotope Neutronの良いところと意外な弱点

    2016年のプラグイン界の話題をさらっていったiZotopeのミキシン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ZALのプロフィール

 名前:ZAL(ざると読みます)


お仕事:フリーランス音響エンジニア、
    作編曲家、ギタリスト、たまにDJ
    基本的に音楽関係なんでも屋さん


 趣味:最近もゲーム


いままで個人ブログの経験はなかったのですが、
プロの音響エンジニアならではの視点で、
解説やレビューをしていきます。


エレキギター内部の配線やパーツにも明るく、
内部配線やパーツの選定によって狙ったサウンドを
作ることも得意としています。


お問い合わせはこちらのページからお願いいたします。


ブログのTwitterアカウント
Twitter=@ZZSTYLESOUND






こっちは個人のTwitterアカウントです。
Twitter=@ZAL_0Style







Facebookページはこちらです。

ZAL

最近の記事

  1. trev
  2. singlehum
  3. lespaul2

アーカイブ

PAGE TOP