ringo

DTM/DAW

DTM/DAW用マシンにMacが選ばれるただ一つの理由


クリエイティブな人々や、音楽業界の人々が使用しているコンピューターと言えば、
apple社のMacというイメージがあるのではないでしょうか?

かくいう私もメインのマシンはMacBookProです。MacOSをずっと使ってきて慣れていることもあり、特に使用していて不便を感じたことはありません。

これからDTM/DAWを始める方にはMacをおすすめいたします。MacにはGarageBandが標準でインストールされている上に、安価で高性能なDAW、LOGIC PROを使用することができるからです。

この記事では、音楽系のクリエイター、エンジニアがなぜMacを使用するのか、Macを使用するメリットとはなにか?を解説していきます。





音楽系クリエイター、エンジニアがMacを使用する理由

音楽系に限らず、昔から技術屋のパソコン=Macというところがありました。

おそらく、他の技術屋さんについても同様の理由であることは多いのでしょうが、他の技術屋さんについては門外漢なので、ここでは音楽系に限って話を進めたいと思います。

音楽系ソフトウェアの歴史を見ていくと、昔はDTM/DAWソフトウェアはMacOS専用のものしか無かったことが大きいです。そのため、Mac/Windowsの選択肢がなく、必然的にMacの使用者が多かったのです。

現在、DTM/DAWソフトウェアやハードウェアもWindows対応のものが多く、特にMacを使用する必然性も無いように思われます。

さてこのMacにソフト、ハード面での絶対的なアドバンテージが無くなった現代に、音楽系クリエイターがMacを使用する理由はただ一つです。

 

製品ラインナップが少ない

さて、なぜこれがメリットになるかとういと、Windowsマシンが各PCメーカーで製造されているのに比べて、Macは全てapple社で管理、生産されています。

そのためにモデルが限られており、DTM/DAWメーカーが新機種やソフトウェアのアップデートを行う際、モデル数が少ないため動作検証がしやすく、結果として安定した動作が見込めるというところが大きいです。

WindowsOSマシンはメーカーも構成パーツも星の数ほどあるため、全てのメーカー製PCの全モデルを検証することは不可能だと思われます。

ハードウェアとOS、ソフトウェアの相性というものはとても大切です。機器構成の相性が悪い場合、最悪DAWアプリケーションが起動しなかったり、USB接続したオーディオインターフェースを認識しなかったりすることもあります。

当然Macでもサードパーティー社製のドライバをインストールした直後、いままで使用していたDAWが起動しなくなる可能性はあります。私もいままでに数回経験がありますが、本当に焦りますね…。

そんなときには、OSXに標準搭載のTime Machineが生きてきます。

新しいドライバやアプリケーションをインストールする前には、Time Machineでバックアップを取っておくと安心です。文字通りTime Machineを使用すると起動ディスクの完全バックアップを取ることができます。

この機能が標準で搭載されているのも大きいですね。




☆まとめ☆

  • Macはモデルが少ないため、動作検証が簡単
  • Garage Bandがプリインストール
  • Time Machineでまるごとバックアップ

 

最後に

DTM/DAW専用機をいまから購入するのであれば、Macがおすすめです。

ただ、最近はWindowsマシンでもDAW環境を構築しやすくなっています、現在お使いのPCがWindowsマシンである場合は、DAWの動作環境を確認の上、そのまま使用するのもよいと思います。

以上、
DTM/DAW用マシンにMacが選ばれるただ一つの理由でした。

 

Facebookページ作ってみました。
いいね!とかしていただけると歓喜します。

ZAL

 

 

ピックアップ記事

  1. 初心者も必見!上級者でも間違えているDAWでの基本的なMIX手順
  2. アナログ感?倍音?歪み?プラグインでも得られるアナログの良さ

関連記事

  1. DTM/DAW

    初心者も必見!上級者でも間違えているDAWでの基本的なMIX手順

    今回の記事では、DAWを使用したMIXの手順について解説していきます。…

  2. INPUT

    DTM/DAW

    Softubeの本気を見た!Console 1の使い方とオススメ理由

    プラグインを使用したMIXと、実際にコンソールやアウトボードを使用した…

  3. C1_OPT

    DTM/DAW

    Softube Console1はオプション追加でさらに輝く!

    2018年のブラックフライデーでSoftube Console1のオプ…

  4. A800

    DTM/DAW

    アナログ感?倍音?歪み?プラグインでも得られるアナログの良さ

    DAW用の手引書や、各メーカーさん・代理店さんの製品案内などでよく記載…

  5. Sinewave1k

    DTM/DAW

    ハイレゾってなに?サンプリングレートとビットデプスの持つ意味

    DTM/DAWユーザーだけではなく、近年だとハイレゾオーディオでも耳に…

  6. WLM_EC

    DTM/DAW

    簡易的でも仕上がり大幅UP!DAWで出来るマスタリングの方法

    皆様はマスタリングと聞いてなにを想像するでしょう?ただの音圧稼…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ZALのプロフィール

 名前:ZAL(ざると読みます)


お仕事:フリーランス音響エンジニア、
    作編曲家、ギタリスト、たまにDJ
    基本的に音楽関係なんでも屋さん


 趣味:最近もゲーム


いままで個人ブログの経験はなかったのですが、
プロの音響エンジニアならではの視点で、
解説やレビューをしていきます。


エレキギター内部の配線やパーツにも明るく、
内部配線やパーツの選定によって狙ったサウンドを
作ることも得意としています。


お問い合わせはこちらのページからお願いいたします。


ブログのTwitterアカウント
Twitter=@ZZSTYLESOUND






こっちは個人のTwitterアカウントです。
Twitter=@ZAL_0Style







Facebookページはこちらです。

ZAL

最近の記事

  1. S2_EYE
  2. phone_con
  3. messyu_tube
  4. Cable_Strip
  5. C1_OPT

アーカイブ

PAGE TOP