strings

Guitar

ギターが弾きづらいと感じる時の原因と対策 〜演奏性編〜


いつも弾いているエレキギターに、ふと弾きづらさを感じること、あるのではないでしょうか。慣れてしまえば感じなくなってくるのですが、弾きづらいギターで練習してもなかなか上達できないものです。

また、ギターが自分のプレイにイメージ通りの反応をしてくれないことは大きなストレスになります。

複数のギターを使い分けている場合には、「こっちのギターではできることが、こっちだとできない」とわかりやすく弾きづらさを感じることもあるでしょう。

特に、季節の変わり目などでギターのコンディションが変化している場合には、適宜調整を行って演奏性を確保しておくのをオススメします。

それでは、今回はギターに弾きづらさを感じる原因とその対策についてご紹介していきます。

中には慣れで解決できるものもありますが、よりよいコンディションのギターの方がより快適に演奏できるので目を通していただければ、と思います。



弦がよく切れる場合の原因と対策

Floyd1

古くなった弦は長い間テンションがかかっていて金属的に疲労していたり、サビによって弦そのものの強度が下がっていることで切れやすくなっています。

しかし、張りたての弦や、まだ十分に新しい弦がよく切れる場合には、ギターの状態が原因になっている可能性が高いです。

以下、弦が切れる場所ごとに簡単な対処法をご紹介していきます。

 

1.ブリッジ上で弦が切れる

ブリッジの上で弦が切れることが多い場合、原因はブリッジにある場合がほとんどです。特定の弦が切れやすい場合には、その弦のサドルをよく確認してみてください。

具体的には、弦と直接触れているサドルや、フロイドローズのインサートブロックが削れて、弦の滑りが悪くなっていたりすることで弦が切れやすくなっていたり、チューンオーマチックのサドル上で弦がズレることで弦が切れてしまっている可能性が高いです。

対処としては、サドル用の潤滑剤を使用したり、サドルやインサートブロックそのものを交換することで解決する場合がほとんどです。

チューンオーマチックのサドルの場合は、綺麗に溝が切られているかどうかを確認しましょう。

 

2.ナット付近で弦が切れる

ナット付近で弦が切れることが多い場合、ナットと弦の摩擦が大きく、ペグ側とネック側で弦の張力が異なってしまっているのが原因の場合が多いです。

チューニングをする際にペグを回してもなかなかチューニングが変わらず、ある程度回すとナットから「ピキッ」という音がなる場合は黄色信号です。この段階でチューニングはだいぶ不安定になっていることと思います。

こういった場合のほとんどは、ナットの溝清掃やナット用潤滑剤を使用することで解決可能です。
BIGBENDS / Nut Sauce Lil-Luber
BIGBENDS / Nut Sauce Lil-Luber

このような潤滑材が市販されています。少量を使用するだけでナットやサドルの滑りがよくなり弦にかかる負担が軽減されます。また、後述のチューニングが不安定な場合にも効果てきめんです。

ナット・サドルと同様に、ストリングガイド、ストリングリテイナー、テンションバーなどの摩擦抵抗が原因で弦が切れてしまうことも考えられます。こちらも同様に清掃・潤滑剤で解決するケースが多いです。

 

3.フレット上で弦が切れる

フレット上で弦が切れる場合には、フレットの消耗や汚れが原因となっている可能性があります。チョーキングなどの際に引っ掛かりを感じるようになったら要注意です。

フレットの消耗が酷い場合には擦り合わせやフレットの打ち替えが必要になってきます。これは経験と高い技術を要するものなので、楽器店さんやリペアショップに依頼するのがよいでしょう。

フレットのすり合わせまでは必要ない状況の場合には、フレット表面を磨くことで弦との抵抗が少なくなり弦が切れることも少なくなります。
FERNANDES / SCRATCH MENDER 946
FERNANDES / SCRATCH MENDER 946

フレット磨きにはこのような製品があります。使用する場合には、かならず指板やネックサイドをマスキングしてから行いましょう。

また、金属の表面を研磨するため、金属粉が発生するため、使用した布は真っ黒に汚れます。捨てる予定のTシャツなど(ウェスと呼びます)を使用して作業を行うのをオススメします。

磨き粉を使用するためのウェスと、第一弾乾拭きようのウェス、第二弾乾拭き用のウェスと3種類に分けて使用すると、マスキングテープを剥がした後にも指板面などが汚れることもなく、安心です。最後に通常のクロスで拭き上げを行うとより安心できます。

 

チューニングが安定しない場合の原因と対策

strat_head

何度チューニングをしてもなかなかチューニングが合わない場合や、トレモロを使用するとチューニングが狂う場合、短時間の演奏でチューニングが崩れる場合にはギター本体や、弦の張り方に問題がある場合が考えられます。

以下、項目別にチューニングが安定しない原因をあげていきます。『これはっ!』というものがあれば対処していってください。

 

ポストに巻かれている弦が長い

弦を張る際にストリングポストに何周も弦を巻いていると、その部分に『遊び』が生じます。その遊びが徐々に伸びて来ることによってチューニングは安定しなくなります。とはいっても、あまりに巻きが少ないと弦がポストから抜けてしまうことも考えられます。

一般的には、2つ先のポスト付近まで引っ張ってから弦を張ることで適切な長さになると言われています。この時、たわみなどがないことを確認しつつ、ポストに重なる部分をしっかりと戻してから張りましょう。

string_harikata

また、ロックチューナーを使用すると、弦の巻き数を最小限に押さえつつ、弦抜けのリスクも押さえられるのでオススメです。弦の終端からポストに、ポストからヘッドに、ヘッドからネックへと能率的に振動が伝わるので、音質向上、サスティーンが長くなる、などチューニング面以外のメリットもあります。

実は上記の画像のギターにはロックチューナーが使用されているために、ストリングポスト半周分くらいしか弦を巻いていません。

ロックチューナーではGOTOH製品が非常にオススメです。クルーソンタイプ、ロトマチックタイプをはじめ豊富なラインナップで多くの市販ギターに適合するモデルが用意されています。
GOTOH / SD91-HAPM-05M-L6-N
GOTOH / SD91-HAPM-05M-L6-N

上記のSD91-HAPM-05M-L6-Nはビンテージタイプのストラトキャスターなどに使用する、片側6連クルーソンタイプのチューニングマシンです。ロック機構だけでなく、高さ調整可能なポストを備えていて、各弦に最適なナットへの進入角を設定することが可能です。

参考:GOTOHの型番ロジック

上記のSD91-HAPM-05M-L6-Nを参考に、GOTOH社のチューナー製品の型番を読み解く方法をご紹介いたします。

  • SD=チューニングマシンの構造を指す部分
    他にはSGやSDSなどがある
  • 91=チューニングマシンの構造とグレードを指す部分
    510(ゴトー)を冠しているモデルが最上位となるが、ポスト径などが他グレードと異なる場合もあり要確認
  • HAP=Height Adjustable Postの略
    こちらが含まれる型番はポストの高さ調整が可能
  • M=マグナムロック搭載モデルを表している
    ロックチューナー機能が欲しい場合には付いているものを選択する
  • 05M=ペグボタンの形状と素材を表している
    05Mは楕円形で亜鉛製
  • L6=左巻き6連を表している
    レスポールタイプの場合などはL3+R3や3+3、L3R3となる
  • N=ニッケルカラーを表している
    クロームはC、ブラックはBなど

詳細はGOTOH様のHPなどに詳しく解説がされています。

弦がしっかり伸びていない・捻れて張られている

これは巻き弦に多く見られる傾向ですが、弦を張る際に弦の捻れをしっかり取れていないと、捻れた弦が戻ろうとする力によりチューニングが不安定になります。

また、弦を張った直後にしっかりと伸ばし切れていないと、張った弦が徐々に伸びて来るため、チューニングが安定しません。新しい弦に交換した直後は弦をしっかり伸ばしておきましょう。チューニングやゲージにもよりますが、しっかり伸ばすことで1音以上チューニングが下がります。

下記記事を参考に、しっかりと弦を伸ばしてからチューニングを行いましょう。

 

トレモロスプリングが強い・弱い

ajust

トレモロスプリングの調整がちゃんとされていない状態だと、アームを使用した際にチューニングが狂いやすくなります。

特にフロイドローズなどのロックトレモロ搭載のギターや、シンクロナイズドトレモロをフローティング状態で使用している場合にはしっかりとセッティングをしておく必要があります。

トレモロの調整についてはこちらの記事をご参照ください。

 

ナット、サドルの摩擦抵抗の影響

ナットやサドル、ストリングリテイナーと弦の間の摩擦が大きいと、アーミングやチョーキングを行った際にチューニングが狂いやすくなります。

『弦がよく切れる』の項目でもご紹介しましたが、ナット・サドルの掃除、潤滑剤の塗布で解決する場合がほとんどです。

 

ペグのガタつき・緩み

チューナーのペグがガタ付いていたり、緩んでいたりする場合、ストリングポスト内部で弦の緩みが発生してチューニングが狂う原因になります。定期的に増し締めを行い、ガタつきや緩みがない状態に保ちましょう。

また、この際にネジやナットを締めすぎるのもよくありません。難しいですが、ほどよい力加減で締めるようにしましょう。

 

ブリッジに置いた右手が痛い場合の原因と対策

sync1

ロックギタリストに多いフォームとして、右手をブリッジ上に置いて右手を安定させる、というものがあります。

シンクロナイズドトレモロ搭載ギターや、フィクスドブリッジのギターを使用している場合、サドルの弦高調整用のイモネジが右手に刺さって痛いということが起こる場合があります。ベンドスティールタイプのサドルを使用している場合に顕著で、低めの弦高セッティングをしていると、思わぬタイミングで右手を負傷します。

また、この状態では正確なブリッジミュート(パームミュート)が困難なため、是非対策をしておきましょう。

対策としては、『短いイモネジを使用する』の1点につきます。

イモネジにはミリとインチという2種類の規格があり、USA産は大体の場合インチが、日本を含むアジア産は多くの場合ミリが使用されています。コンポーネントギターなどでは使用されているブリッジによりサイズが異なるので、しっかりと確認しましょう。ミリであれば『M3ネジ』、インチであれば『#4ネジ』が使用されるのが一般的です。
MONTREUX / Saddle height screws 1/4
MONTREUX / Saddle height screws 1/4″ inch Stainless (12)[8588]

こちらはインチサイズのサドルイモネジです。通常のものよりも短く、低めの弦高セッティングにしてもサドルから出っ張りません。



音がビビりまくる場合の原因と対策

neck

現代のエレキギターは工場出荷の段階でだいぶ低めの弦高セッティングになっているため、力を入れなくても弦を押さえることが可能です。

その反面、ちょっと調整をミスしたり、楽器本体のコンディションによっては弾いた弦がフレットと当たって音が詰まってしまう状態、いわゆる『弦がビビる』状態が発生しやすくなっています。

アンプからの音が詰まってしまわない位の軽度なビビりが生じている場合でも、歪みサウンド中心にプレイをし続けるスタイルであれば調整せずに使用するケースも多いですが、アンプからの音がビリビリいってたり、サスティーンが短くなっている、クリーントーンもふんだんに使用するスタイルの場合には対策が必要です。

また、古い弦では弦振動が不安定になるためにビビりが発生しやすくなっている場合があります。原因究明や各部調整を行う際には新しい弦で行うようにしてください。

以下、発生しているビビりの状況別に対処法をご紹介していきます。

 

特定の弦のみでビビる

特定の弦のみビビる場合には、その弦のサドル、ナットに原因があることが考えられます。

各弦で弦高調整が可能なタイプのブリッジの場合、該当する弦の弦高をほんの少しあげてみて症状が緩和するかを試してみましょう。

また、1弦や6弦のみがビビる場合は、ブリッジ全体の傾きが原因になっている場合も考えられます。フロイドローズ搭載ギターで1弦をペタペタに下げている場合によく見られる現象です。

 

特定のフレットのみでビビる

特定のフレットでビビりが発生する場合は、フレットの磨耗の可能性が考えられます。特に、5フレット12フレットなどよく使用するフレットでビビりが発生する場合が多いように感じます。

対策としては、楽器店さんやリペアショップさんでのフレットの擦り合わせ、打ち替えというところになります。

また、このタイミングでリペアマンの方にネックのコンディションも確認していただき、必要があれば調整していただくのがよいでしょう。ネックの捻れや波打ちが原因であった場合にも対処することが可能です。

 

ローフレットのみ・ハイフレットのみでビビる

特定のフレットのみではなく、ある一帯のフレットでビビりが発生する場合は、ネックの反りが原因になっている場合が考えられます。

トラスロッドが効くギターであれば、トラスロッドの調整で解決する場合がほとんどです。この症状は順反り逆反り両方で考えられる症状であるため、調整前にしっかりと確認してから調整を行いましょう。

トラスロッド調整に関しては以下の記事も参照してください。

 

どこを押さえてもビビりが発生する

広い範囲でビビりが発生する場合には、ネックの逆反りや弦高の下げすぎが原因として考えられます。ネックの逆反りに関しては上記トラスロッド調整の記事を参考にしてください、ダブルアクションのトラスロッドであれば調整可能です。

比較的Rが大きい指板でも限界値を超えて弦高を下げるとビビりが発生します。試しに全体の弦高をあげてみて解決するようであれば、弦高を調整してみましょう。

また、ビビりが発生する状態まで弦高を下げないと弾きづらい場合には、ネック自体が反っていることが考えられます。ネックの状態も合わせて確認してみましょう。

弦高調整に関しては下記記事をご参照ください。

 

開放弦でもビビりが発生する

開放弦でもビビりが発生する場合には、深刻なネックの逆反りやナットの磨耗が考えられます。

ネックの状態を確認して、強度に逆反りが発生している場合には少しずつトラスロッドを調整するようにしましょう。また、大きな力をかけないと回らなくなったり、異音を感じるようなことがあれば、すぐに調整をやめて楽器店さん、リペアショップさんに持ち込みましょう。

ナットの磨耗が原因となっている場合には、ナットを交換することで解決することが可能です。弦溝が整形済みのナットも市販されていますが、サウンドにも大きく影響する部分なので、楽器店さんやリペアショップさんに交換してもらうのがオススメです。

 

弦が押さえづらい場合の原因と対策

LesPaul

弦が押さえづらい場合、弦高調整やテンション調整がうまくいっていなかったり、ネック形状や指板R、スケールなどが自分の手にマッチしていない場合が考えられます。

慣れで解決できる場合も多いのですが、複数本のギターを持ち替えながら演奏する場合には各ギターがしっかりと調整されていた方が、持ち替え時のストレスになりづらいです。

 

ハイフレットが押さえづらい

ハイフレット、特に低音弦側はギターの中でも最も押さえづらいポジションです。ある意味、ここが押さえづらいのは当たり前なのですが、異常に押さえづらく感じる場合にはネックの順反りなどの原因が疑われます。

ネックが順反りをすることで相対的にハイフレットの弦高が高くなり、押さえづらい状態になってしまっている場合には、トラスロッドの調整で解決する場合もあります。しかし、トラスロッドは多くの場合ハイフレットには効きづらく、下手をするとネックが波打ってしまう可能性もあるので、慎重に調整しましょう。

また、ボディとのジョイント形状によってはボディやネックジョイント部が干渉して、実質的にネックが分厚くなり指が届かないために押さえづらい状態になっています。特にレスポールタイプなどセットネックのギターに顕著で、よほど手の大きい方でないと17フレット位までが発音の限界である場合が多いです。残念ですが、ここは慣れと諦めが必要な部分です。

一応、ネックジョイント部分にヒールカット加工をすれば解決する問題でもありますが、ちゃんと仕上げるためには個人レベルでは不可能な、大規模な木工が必要な上に、サウンドも加工前から大きく変わってしまいます。

ハイフレットの演奏性については、ネックジョイント形状やヒール部分の加工について購入前にしっかりと調べて、可能であれば試奏してから購入するようにしましょう。

 

ローフレットが押さえづらい

ローフレットでコードなどが押さえづらい場合には、弦のテンションが強すぎたり、ネック形状、指板Rがプレイヤーにマッチしていないことが考えられます。弦のテンションは弦のゲージのみで決まってくるので、弦が硬くて押さえづらいと言う場合には弦のゲージを細いものに変更してみるのもよいでしょう。

逆にテンションが弱いギターでは、押さえた弦の音程がシャープしてしまう場合もあります。こちらに関しても慣れの部分が大きいのですが、意識してみましょう。

ネックが太いギターでは当然手が回らないことも多くなるために、押さえづらさを感じる方もいるかもしれません。特に女性など手の小さい方にはある程度スリムなシェイプのネックがオススメです。また、ネックを握り込むスタイルでコードを押さえる場合には、ある程度丸みのあるネックの方がストレスなく演奏できると思います。

指板Rについては、慣れの問題も大きいのですが、親指をネック裏に置くクラシックフォームの方はRの大きい指板が、ネック上から親指が出るロックフォームの方にはある程度小さいRの方が弾きやすく感じることが多いみたいです。

太いネック+小さいRのギターはネック全体の断面が円に近い状態になり、薄いネック+大きいRのギターはネックの断面が長方形に近くなります。極端に言うと、円柱と板位の違いがあるんです。

こちらの対策に関して、指板R変更、ネックプロファイル変更は請け負ってくださるリペアショップさんもいらっしゃいますが、大工事となります。ボルトオンタイプのネックであれば、互換性のあるネックと交換可能ですが、しっかりと整合性を取るためにはリペアマン様のお力が必要になります。

そのため、購入前にスペックをしっかり確認しておくのが失敗が少なくオススメです。また、可能であれば試奏して握らせてもらいましょう。

ネックのスペックの読み方に関しては以下の記事をご参照ください。

 

バレーコードが押さえづらい

各弦を押さえた時にしっかり音が鳴るのにセーハするときちんとならない場合は、人差し指のパワー不足が考えられます。練習しましょう。

一応対策としては、弦のゲージを下げたり、弦高を下げたり、弦ピッチを調整したりということが考えられますが、多くの場合は慣れで解決できます。特に初心者の方はここが最初の関門です。頑張りましょう。

 

チョーキングがしづらい

エレキギターの奏法の中でも華のある奏法、チョーキングがしづらい場合、かなりプレイヤーのテンション面に悪影響があるので早急に対処が必要です。

そもそも、弦のテンションを指先を使って強引に高めることによって音程上昇をさせている関係上、支点となるナットが近くにあるローフレットでは指先に相当なかかるのは避けようがありませんが、7〜17フレットあたりの中間フレットでもチョーキングがしづらい場合には、テンションが強すぎたり弦高が高すぎる可能性が考えられます。

チョーキング時のフォームについては、エリック・クラプトン師のように指をネックと垂直方向にスライドさせるチョーキングやビブラートは、手首を使用して『ドアノブを回すように』チョーキングよりもパワーが必要になります。チョーキングのフォームを見つめ直してみるのもよいでしょう。

師のチョーキングは見ているとギター本体の重さを利用しているようにも感じられます。見た目にも非常に美しいのですが、真似してもピッチが安定せず、私には使いこなせません。

また、トレモロ搭載ギターを使用している場合、チョーキング時に指先に感じる弦のテンションには弦のゲージだけではなく、トレモロスプリングの強度も関係してきます。

スプリングが強ければ、チョーキングに力は必要なものの、他の弦のピッチに影響が少なく、スプリングが弱ければチョーキングに力が要らない反面、チョーキング時にブリッジが浮き上がり、全体のチューニングが下降します。

スプリングの強度は伸びている長さによって一定ではなく、伸び始めが強く、大きく伸ばすと復元力が長さに対して弱くなるものや、伸び始めは柔らかいものの、伸ばすと長さに対しての復元力が大きくなるものなどさまざまです。また、スプリングハンガーに掛ける本数や掛け方によっても変わってくるので、色々と試してみて調整していくのがよいでしょう。

チョーキング、アーミング時の復元力やチューニングの安定感だけでなく、サウンド面への影響も大きい、非常に奥が深い調整がこのトレモロスプリングです。

なお、単純にフレット上での弦の滑りが悪いことが原因になっている場合も考えられます。そういった場合には、前述のフレット磨きを行うことで解決可能です。



☆まとめ☆

  • 違和感を感じたらすぐに確認&調整!
  • ふとしたタイミングにも確認&調整!
  • 状態が悪いギターでは練習効果も半減!

 

最後に

さて、今回はエレキギターがなんらかの原因で弾きづらい場合の対処法についてご紹介してきました。

冒頭でも述べましたが、特に季節の変わり目には木材は敏感に反応します。急激な温度変化で具合が悪くなるのは人間もギターも同じですね。

今回ご紹介した中では、ナットの滑りが悪いままで使用されている方が多い印象があります。チューニングの際に「パキッ」て鳴る例のあれです。軽度であればチューニングが合わせづらくなったり、チョーキング、アーミング時にチューニングがズレるくらいで済みますが、重度になると弦が切れることもあります。

ナットは消耗品でもあるので、チューニングが合わない上にやたらとビビりが発生する場合にはナットの交換も考えてみてはいかがでしょう。

 


当ブログのFacebookページです。
少しでも皆様のお役に立てたら「いいね!」していただけると歓喜します。

ZAL

 

 

ピックアップ記事

  1. 初心者も必見!上級者でも間違えているDAWでの基本的なMIX手順
  2. アナログ感?倍音?歪み?プラグインでも得られるアナログの良さ

関連記事

  1. gtrig

    DTM/DAW

    比較検討してみよう!アンプシミュレータープラグイン5種紹介&比較

    宅録環境ではギターアンプを鳴らしてマイク録りが可能なことは少なく、DA…

  2. float

    Guitar

    サウンドにも影響大!エレキギターの調整〜ブリッジ&トレモロ編〜

    エレキギターのブリッジは弦とボディの接点で弦振動に与える影響も大きく、…

  3. strings

    Guitar

    最悪のトラブルを予防しよう!ギターの弦が切れる原因とその対策

    エレキギターは楽器本体に消耗品の弦を張って使用する弦楽器です。そのため…

  4. guitars

    Guitar

    エレキギター購入前に絶対確認!スペックを読む〜スペック比較編〜

    エレキギターの購入前に必ず確認しておきたいカタログスペックについて、ボ…

  5. guitar

    Guitar

    不要なノイズを減らせ!エレキギターに関するノイズの原因と対策

    ライブ中、ギターを弾いてないパートでもギターアンプから「サー」、「ジー…

  6. trev

    Guitar

    意外な使い方!?ギタリストへのリハーサルスタジオ個人練習のススメ

    突然ですが、多くのリハーサルスタジオには料金がお得な個人練習システムが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ZALのプロフィール

 名前:ZAL(ざると読みます)


お仕事:フリーランス音響エンジニア、
    作編曲家、ギタリスト、たまにDJ
    基本的に音楽関係なんでも屋さん


 趣味:最近もゲーム


いままで個人ブログの経験はなかったのですが、
プロの音響エンジニアならではの視点で、
解説やレビューをしていきます。


エレキギター内部の配線やパーツにも明るく、
内部配線やパーツの選定によって狙ったサウンドを
作ることも得意としています。


お問い合わせはこちらのページからお願いいたします。


ブログのTwitterアカウント
Twitter=@ZZSTYLESOUND






こっちは個人のTwitterアカウントです。
Twitter=@ZAL_0Style







Facebookページはこちらです。

ZAL

最近の記事

  1. INPUT
  2. drums3kai
  3. drums2kai
  4. drums1kai
  5. eclipse_1

アーカイブ

PAGE TOP