EQ

 Last Update : 2018.12.18

現役エンジニアが教える!おすすめEQプラグイン5種


今回は、使用頻度が高くおすすめできるEQプラグイン5つを、簡単な特徴や使用ポイントを添えてご紹介します。

EQというカテゴリーの中でも様々なものがあって、それぞれサウンドに個性があります。同じパラメーターに設定しても出てくるサウンドはまさに千差万別、プラグインと言えど奥が深いのです。



Waves – Renaissance EQ

Waves_REQ
・特徴
動作が軽く、複数トラックにインサートしてもCPU、メモリへの負荷が少ない。また、音質的にもクセがなく使いやすい。

Renaissance EQに限らず、プラグイン上部にグラフが表示されるEQは、現在どの程度EQしているのかも視覚的に判断しやすい。

・使用ポイント
主に楽器系のカット用EQとして使用
声モノのカット用EQにも使用
積極的にブーストには使用していない

 

Waves – H-EQ

HEQ
・特徴
M-S方式に対応している
各バンドごとにEQのキャラクターを設定出来る
「カット方向にはデジタル、ブースト方向にはアナログ」と、
1台のEQでいいとこ取りが出来る、まさにHybrid EQ

・使用ポイント
M-Sモードを使用して、シンセ・ストリングスなどのステレオ感の調整やバスにまとめた各楽器類、最終的な2MIXの音を整えるのに使用

 

McDSP – 6020 Ultimate EQ

6020
・特徴
10台分の個性派EQモデリングの詰め合わせプラグイン
各パラメーターが数値で表示されず、グラフも無い分直感で操作出来るEQ

・使用ポイント
主に楽器のブースト用EQに使用、1073や1081など、他のEQを試してみて、しっくり来なかった時に使用することが多い。また、他トラックと同じEQでブーストを行うと
2MIXが平面的になってしまうので、それを回避するために使用している。



Sonnox – Oxford EQ

SONNOX
・特徴
プラグインEQの第一選択肢、一言で言うと『優等生』、EQのタイプを全バンド一括で切り替えることが可能です。

EQタイプを切り替えても各バンドの設定状況が記録されているので、A-Bチェックと合わせて比較していくのも便利

・使用ポイント
ほとんどの楽器のカット用EQに使用
ブーストもこれで行ってしまうことも多い

 

UNIVERSAL AUDIO –  Neve® 1081 / 1081SE Classic Console EQ

NEVE1081
・特徴
ブーストの音がよい
少しのブーストでもサウンドがガラっと変わるほどのキャラクターを持ったEQ、『歪み』をモデリングしている。

印象としては、エキサイターを使ったような倍音感がある。また、DSPベースのEQなのでPC本体のCPU、メモリを圧迫しない。

UADプラグイン全般に言えることだが、よくも悪くも通しただけで音が変わる。

・使用ポイント
楽器、声モノ問わずブースト用EQに使用
声モノのHIGHをシェルビングでブーストしてやるととても音抜けがよい



☆まとめ☆

  • カットはクセの無いデジタルEQ
  • ブーストはクセのあるアナログモデリングEQ
  • 多トラックに同一のEQを使用すると音が団子になってしまう

 

最後に

今回はおすすめEQについてでした。
アナログモデリングのEQは各社からいろいろ揃っているので、いろいろ試してみたいところです。

トラックに複数のEQをインサートして使い分ける方法、なんていうのも今後記事にして行こうと思います。

EQの使用法については以下の記事をご参照ください。

 

より実践的な組み合わせによるEQについてはこちらをご覧ください。

第二弾のおすすめEQは下記記事でご紹介しています。

 

 


Facebookページ作ってみました。
いいね!とかしていただけると歓喜します。

ZAL



EQはエフェクトの基本!EQ(イコライザー)の役割とパラメーター前のページ

聴いて納得!Reverb(リバーブ)の種類と特長次のページ

ピックアップ記事

  1. 初心者も必見!上級者でも間違えているDAWでの基本的なMIX手順
  2. アナログ感?倍音?歪み?プラグインで得られるアナログ感の正体

関連記事

  1. neutron

    COMP

    自動MIXプラグイン?iZotope Neutronの良いところと意外な弱点

    2016年のプラグイン界の話題をさらっていったiZotopeのミキシン…

  2. auxoutassign

    COMP

    インサート?センド?もう迷わない!プラグインエフェクトの接続方法

    エフェクトの接続方法には原音を加工して使用するインサートエフェクトと、…

  3. Guitarrig5

    COMP

    かなり使える!KOMPLETEバンドルのプラグインエフェクト

    豊富なプラグインがバンドルされていて、お得なNative Instru…

  4. EQ

    EQの基本中の基本!カットEQのススメ

    DAWを使ったMIXに限らず、アナログミキサーを使用したMIXでも、ラ…

  5. SSL4000G

    COMP

    今も昔もド定番!SSL4000シリーズプラグインで伝統のサウンドを

    アナログコンソールを使用したレコーディング、ミックスではDAW完結の完…

  6. 6050

    COMP

    28種のモジュール!McDSP 6050 Ultimate Channel Stripレビュー

    今回ご紹介するのは、ランチボックスタイプのチャンネルストリッププラグイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ZALのプロフィール

 名前:ZAL(ざると読みます)


お仕事:フリーランス音響エンジニア、
    作編曲家、ギタリスト、たまにDJ
    基本的に音楽関係なんでも屋さん


 趣味:最近もゲーム


当ブログでは、プロの音響エンジニアならではの視点で
解説やレビューをしています。


ブログ開設から2年経ち、今では月間に5万PVほどの
アクセスを頂いております。


エレキギター内部の配線やパーツにも明るく、
内部配線やパーツの選定によって狙ったサウンドを
作ることも得意としています。


お問い合わせは
こちらのページからお願いいたします。


ブログのTwitterアカウント
Twitter=@ZZSTYLESOUND






こっちは個人のTwitterアカウントです。
Twitter=@ZAL_0Style







Facebookページはこちらです。

ZAL

現在Facebookアカウントにログインすることができない状況が続いています。
凍結の解除申請をしているので、Facebookページの更新は今しばらくお待ちください。

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP